第29回 【WordPress】 プラグイン Duplicate Post 「投稿ページ」や「固定ページ」を複製できます

WordPress GCP

1. 第29回 【WordPress】 プラグイン Duplicate Post 「投稿ページ」や「固定ページ」を複製できます

環境:Debian 9 PHP 7.4 Apache 2.4.25 MySQL 8.0 Cocoon

目的:「投稿ページ」や「固定ページ」を複製する。

  • 同じようなページを作成する時、新規作成するより、複製したほうが楽ということです。
  • 特にこのような記事で画像を多用する時などは、いちいちブロックエディターからギャラリーを選択して、画像を選択して、メディアファイルとして拡大できるようにして、なんてプロセスを踏むことになりますが、複製すると画像を入れ替えるだけで済みます。

多言語化する時にも、ものすごく重宝します。

だからどうした?そう言われそうですが、レイアウトを変えることなく、URLと言語を変更するだけで多言語化できるツールとしては非常に優秀です。

他にも多言語化専用のプラグインがありますが、カテゴリー、タグ、URL」など勝手に割り振られたりと、試しに試しましたが良いものが見つかりませんでした。そうはいってもこれからに期待していますが。

  • WordPress
    Yoast Duplicate Post

    インストール、有効化。

  • WordPress
    設定特に無し

1.1 「Yoast Duplicate Post」インストール

  • 下記画面は以前インストールしたときの「名称・デザイン」です。「Duplicate Post」という名称でしたが「Yoast Duplicate Post」という名称に変更されています。デザインも変更されていますが、作者は変わっていません。実際に今も重宝しています。
  • 「WordPress管理画面」「プラグイン」「新規追加」の順番でクリックします。
  • 「Yoast Duplicate Post」を検索します。作者で判断してください。
  • 「今すぐインストール」をクリックして、次へ進みます。

1.2 「Easy FancyBox」有効化

  • 「有効化」をクリックして次へ進みます。

1.3 設定は特にありません

  • 「WordPress管理画面」「投稿一覧」マウスを持っていかなければ、下記の画面のようになっているはずです。

1.4 複製リンク

  • これから似たようなレイアウトの記事を作成したい、と思った時、複製リンクをクリックして、次へ。

1.5 好きな記事を複製

  • 上記で複製をクリックした後、ページ更新をすれば、同一ページが複製されて下書き保存されています。

1.16 さいごに

  • 取り立ててなにか言う必要もなく、とにかく複製できるということのメリットが大きいということです。
  • 画像を多用する人にとっても楽ちんです。

次は、第30回です。


【コメント】 ※「メールアドレス不要」