歴代 AKB 選抜総選挙

投票

リアルタイム投票数

歴代 AKB総選挙 リアルタイム投票数

あなたにとってのの神7は誰ですか、誰でしたか?

歴代AKB選抜総選挙をリアルタイムで開催しています。投票できる候補者は各選抜総選挙で16位以内の順位になったことがあるメンバーです。

誰と誰が同時期にいたら総選挙の結果はどうなったのか、結局一番人気は誰なのか。無期限・無制限に投票できます。

なんであの人に夢中だったんだろう。そんな推しメンへの投票もお待ちしています。

1. 投票する

投票所

「✔」「送信」(選択肢はランダム)
 ※一度に「全選択」まで可能です。
 ※真下の枠内をスクロールしてください。

投票用紙

2. リアルタイムランキング

3. 神7 経験者

4. 過去最高順位一覧

※神7経験者は上記と同一の得票数です。


「サイト内を検索」用 選抜総選挙 氏名一覧 ※敬称略

  1. 前田敦子:最高1位
    千葉県市川市出身。愛称はあっちゃん。2009年第1回選抜総選挙 第1位。「絶対的エース」「不動のセンター」とも称された。卒業公演のチケット競争率は900倍超に達した。第21回日本映画批評家大賞 新人賞。第23回日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞。第11回TAMA映画賞 最優秀女優賞。その他多数受賞。
  2. 大島優子:最高1位
    栃木県出身。2007年AKB48として『第58回NHK紅白歌合戦』に初出場。2010年第2回選抜総選挙 第1位『AKB48 17thシングル 選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』。2012年第4回選抜総選挙 第1位『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』。第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞。NHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演。
  3. 指原莉乃:最高1位
    大分県大分市出身。AKB48 第二回研究生(5期生)オーディションに合格。2010年『AKB48 17thシングル 選抜総選挙』では19位で総選挙初の選抜入り。2013年HKT48劇場支配人を兼任、メンバーと劇場支配人との兼任はグループ史上初。2017年AKB48選抜総選挙では史上初となる3連覇。
  4. 渡辺麻友:最高1位
    埼玉県出身。愛称はまゆゆ。2007年AKB48劇場で初日を迎えた『チームB 1st Stage「青春ガールズ」』で公演デビュー。選抜総選挙で9回連続して選抜メンバー。2017年AKB48卒業。2020年芸能界を引退。
  5. 松井珠理奈:最高1位
    愛知県出身。2008年『SKE48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数2,670名、最終合格者22名)。2018年『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』において1位を獲得。2020年SKE48劇場で行われた『チームS 6th Stage「重ねた足跡」』公演でSKE48から卒業。
  6. 柏木由紀:最高2位
    鹿児島県鹿児島市出身。愛称は、ゆきりん。2005年『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に応募し、最終審査まで残った。2006年7月『モーニング娘。Happy8期オーディション』に応募した。三次選考進出者25名(参加総数6,883名)まで残ったが落選。2006年12月『第三期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。
  7. 須田亜香里:最高2位
    愛知県名古屋市出身。愛称は「あかりん」「だ〜す〜」。2009年オーディション最終審査で合格。2018年5月から6月にかけて実施された『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』では自己最高を更新する2位。
  8. 篠田麻里子:最高2位
    福岡県糸島市出身。愛称はまりこ様、麻里子さん、しのまり。AKB48劇場内カフェ勤務から秋元康の打診を受けて正規メンバーになったという“特例”。167センチメートルの長身に細身のモデル体型。2012年『第4回AKB48選抜総選挙』の女性ファン対象の実地調査「おしゃれだなと思うメンバー」では、小嶋陽菜や板野友美を抑えて1位。
  9. 宮脇咲良:最高3位
    鹿児島県鹿児島市出身。2011年HKT48の1期生オーディションに合格。HKT48劇場こけら落し公演で劇場デビュー。2016年「君はメロディー」単独センターを務める。2018年『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』では3位で、シングル選抜メンバー入り。
  10. 高橋みなみ:
    東京都八王子市出身。愛称はたかみな。メンバーとAKB48グループの初代総監督を兼務した。2005年ホリプロタレントスカウトキャラバン メモリアルオーディション2005に応募(応募総数52,547人)し、決選大会の出場者の15名に残ったが落選。並行して応募していたAKB48に合格。書類審査の通過理由は、身長148cmと誕生日が4月8日。
  11. 山本彩:最高4位
    大阪府出身。愛称は、さや姉。2010年NMB48としての活動を開始。2011年NMB48のキャプテンに就任。2016年『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』では4位、第67回NHK紅白歌合戦にはAKB48のメンバーとして出演。2018年卒業コンサートを開催。NMB48史上最大規模、初の野外コンサート。
  12. 荻野由佳:最高4位
    埼玉県越谷市出身。愛称はおぎゆか。2016年「NGT48劇場グランドオープン初日公演」に出演。2017年『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』速報結果が、指原莉乃、渡辺麻友などの人気メンバーを抑え、2位の松井珠理奈に2万票を超える差をつけて1位を獲得、 最終結果5位、ホリプロへ移籍。2018年『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』速報発表が、2年連続で1位を獲得。最終結果4位。
  13. 松井玲奈:最高5位
    兵庫県生まれ、愛知県豊橋市出身。愛称は、れな。2008年『SKE48 チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」』公演で選抜メンバー16名のうちの1名として公演デビュー。2010年の『AKB48 17thシングル 選抜総選挙』11位。『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』5位。特技、全商情報処理検定、習字、珠算、電卓、商業英語、簿記などの資格。在籍時の安定感。卒業後の安定感は随一。
  14. 岡田奈々:最高5位
    神奈川県出身。愛称は、なぁちゃん。2011年AKB48 第13期生オーディション不合格。2012年AKB48 第14期生最終審査に合格。2016年『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』で14位となり、選抜総選挙での初の選抜入り。2018年『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』5位、初の神7。
  15. 小嶋陽菜:最高6位
    埼玉県さいたま市出身。愛称は、こじはる、にゃんにゃん。2005年『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。2009年-2012年『AKB48選抜総選挙』4年連続神7。2017年卒業。2019年YouTubeチャンネル『HARUNA KOJIMA’s cat nap』を開設。
  16. 横山由依:最高6位
    京都府木津川市出身。2009年『SKE48第二期メンバーオーディション』不合格、『AKB48 第五回研究生(8期生)オーディション』不合格、『AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション』合格。2015年『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』では10位、AKB48グループ総監督の職を高橋みなみから正式に継承(2代目)。2017年『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』7位。2018年『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』6位。
  17. 板野友美:最高7位
    神奈川県横浜市。2005年『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。『AKB48 13thシングル 選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』7位。2010年『AKB48 17thシングル 選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では4位、2年連続神7。2013年卒業。NHK紅白歌合戦出場5回。
  18. 島崎遥香:最高7位
    埼玉県出身。愛称はぱるる。2009年『AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション』に合格。2013年『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』12位。2014年『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』7位。2020年YouTubeチャンネル「ぱるるーむ」を開設し、YouTuberデビュー。ミス塩対応。2014年CM、マルちゃん正麺塩味「新しい塩」篇。
  19. 武藤十夢:最高7位
    東京都出身。愛称は、とむ。「父親が上から読んでも下から読んでも『むとうとむ』になるように母親にも相談せず勝手に決めた」。2016年『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』で自己最高順位を更新する10位となり、2年連続で選抜メンバー。『AKB48 53rdシングル 選抜総選挙』7位。気象予報士。
  20. 佐藤亜美菜:最高8位
    東京都出身。2007年『AKB48 第一回研究生(4期生)オーディション』に合格。2009年AKB48初の選抜総選挙『AKB48 13thシングル 選抜総選挙』において8位を獲得。東京ビッグサイトで行われた「『次の足跡』劇場盤 発売記念大写真会」をもって、AKB48としての活動を終了。
  21. 宮澤佐江:最高8位
    東京都出身。愛称は、さえちゃん。2006年『第二期AKB48追加メンバーオーディション』で合格。2009年『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では14位となり、シングル選抜メンバー。2012年『第19回 ボウリング・マスメディア大賞』グランプリを受賞。2015年『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』8位。
  22. 惣田紗莉渚:最高8位
    埼玉県さいたま市出身。2006年AKB48第3期生オーディションを受けるも最終審査で不合格、AKB48第5期生オーディションのいずれも不合格。2013年「AKB48グループ ドラフト会議 候補生オーディション」3次審査において、ドラフト候補生。2014年SKE48のドラフト生としては初めて選抜入り。2017年『AKB48 49thシングル選抜総選挙』では8位で、初の選抜入り。2018年2年連続・史上初の速報圏外からの選抜入り。
  23. 大場美奈:最高8位
    神奈川県出身。愛称は、みなるん、コロちゃん。2007年『AKB48 第一回研究生(4期生)オーディション』不合格。2008年『AKB48 第四回研究生(7期生)オーディション』不合格。2009年『AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション』に合格。2018年『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』では8位で、初めて選抜入り
  24. 兒玉遥:最高9位
    宮崎県生まれ、福岡県出身。2011年劇場デビュー。2012年選抜メンバーにHKT48メンバーとして初選出。2016年『AKB48 45thシングル選抜総選挙』では9位で、選抜総選挙では初めて選抜メンバーに選出。2019年卒業。エイベックス・グループへ移籍し、女優業へ。
  25. 矢吹奈子:最高9位
    東京都出身。0歳から子役として活動。2005年公開の映画『タッチ』では浅倉南役で出演。2013年HKT48第3期生オーディションに合格。2017年『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』9位。2018年『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』8位。
  26. 河西智美:最高10位
    東京都府中市出身。2006年『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。2009年『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』10位。2010年『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』12位で、二年連続メディア選抜入り。2012年卒業、女優業へ。
  27. 北原里英:最高10位
    愛知県一宮市出身。2007年『AKB48 第二回研究生(5期生)オーディション』に合格。2009年『AKB48 13thシングル 選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』13位。2015年『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』11位。2016年『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』12位。2017年『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』10位。2018年卒業、女優業へ。
  28. 田中美久:最高10位
    熊本県出身。2013年HKT48第3期生オーディション合格。HKT48加入にあたり、父親を熊本に残し母親と祖母とともに地元の熊本から福岡県に移住。2016年『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』45位、最年少でのランクイン。2017年熊本県芦北町の「あしきた親善大使」に任命される。2018年『第10回AKB48世界選抜総選挙』では10位にランクインし、初の選抜入り。
  29. 小野恵令奈:最高11位
    東京都江戸川区出身。愛称はえれぴょん。2006年『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。2009年シングルにソロ楽曲が収録されたのはAKB48史上初。2009年『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では11位で、メディア選抜入り。2010年卒業。2012年第54回 日本レコード大賞 新人賞を受賞。2014年芸能界引退。
  30. 高橋朱里:最高11位
    茨城県出身。2011年AKB48第12期研究生オーディションの最終審査に合格。2016年『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』15位、選抜総選挙での初の選抜入り。2017年『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』11位、2年連続選抜。2018年『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』12位、3年連続選抜。2019年卒業。
  31. 秋元才加:最高12位
    千葉県松戸市出身。2006年『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。2009年『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では12位で、メディア選抜入り。2013年卒業。ドラマ、映画、バラエティ、吹き替え、舞台とマルチタレント。
  32. 高城亜樹:最高12位
    東京都出身。2008年『AKB48 第三回研究生(6期生)オーディション』に合格。2010年『AKB48 17thシングル 選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』13位。2011年『AKB48 22ndシングル 選抜総選挙「今年もガチです」』12位。2012年TwitterとFacebookを開始。
  33. 渡辺美優紀:最高12位
    奈良県出身。2010年『NMB48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7256名、最終合格者26名)。2015年『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では12位で、選抜メンバーに選出。2016年卒業。
  34. 白間美瑠:最高12位
    大阪府出身。愛称は、みるるん。2010年『NMB48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7256名、最終合格者26名)。2017年『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では12位で、選抜総選挙において初めて選抜メンバーに選出。キャッチフレーズは「ねぇねぇ、みるの? みないの? どっちかな? (みるー!) 美瑠もみーんなのことみるみる!」
  35. 松村香織:最高13位
    埼玉県和光市出身。愛称は、「かおた」、「BBQ(バーベキュー)松村」。2009年SKE48第3期生オーディションに合格。2014年“AKB48グループ研究生会会長”に就任。2015年『AKB48 41stシングル選抜総選挙』13位。
  36. 向井地美音:最高13位
    埼玉県出身。愛称は、みーおん。2016年『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』では13位となり、選抜総選挙での初選抜入り。『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では17位となり、選抜入りを逃した。2018年AKB48グループ総監督の横山由依から後継の次期総監督(3代目)を指名された。
  37. 本間日陽:最高13位
    新潟県村上市出身。2015年NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。2017年第9回総選挙で13位にランクイン。前年100位圏外からの選抜入り。2020年1月25日、TDCホールにおいて、初のソロコンサート『NGT48本間日陽ソロコンサート~来いっしゃ!ひなたまつり~』を開催。
  38. 峯岸みなみ:最高14位
    東京都板橋区高島平出身。2002年小学生時代に『ハロー!プロジェクト・キッズ オーディション』に応募したが落選。2005年『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。2009年『AKB48 13thシングル 選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』16位。2012年『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』14位。
  39. 生駒里奈:最高14位
    秋田県由利本荘市出身。愛称は、いこまちゃん、いこたん。2011年乃木坂46の1期生オーディションに合格。2014年『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』14位を獲得し、AKB48のシングル選抜メンバーに初選出された。2014年『第65回NHK紅白歌合戦』に初出場。ドラマ、映画、ナレーション、舞台のマルチタレント。
  40. 高柳明音:最高14位
    愛知県名古屋市出身。2009年『SKE48第二期メンバーオーディション』に合格。『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では14位で、7年目にして初めて選抜入り。2020年3月15日に横浜アリーナで開催が予定されていた卒業コンサートは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止。、当面卒業発表までSKE48に在籍。
  41. 古畑奈和:最高14位
    愛知県出身。2011年SKE48第5期生オーディションで応募総数5988名の中から16名の仮合格者に選ばれる。2012年5期生から初の正規メンバー昇格者。2017年『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』14位、初の選抜入り。2018年『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』では15位で、選抜総選挙において2年連続選抜。
  42. 吉田朱里:最高14位
    大阪府出身。愛称アカリン。2010年『NMB48オープニングメンバーオーディション』(応募総数7256名、最終合格者26名)に合格。2015年『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』77位だったが、12月の第67回NHK紅白歌合戦で実施された「夢の紅白選抜」では6位に躍進。2017年『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』大幅ランクアップし16位、選抜入り。2018年『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』14位、2年連続選抜。
  43. 佐藤由加理:最高15位
    静岡県浜松市出身。2005年『AKB48オープニングメンバーオーディション』で応募総数7924名から最終合格者24名に選出。2009年『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』15位。バラエティ、ドラマ、ラジオ、舞台。2008年にはインターネットテレビの先駆け。
  44. 柴田阿弥:最高15位
    愛知県出身。愛称は、あやちゃん。2010年『SKE48第4期生オーディション』(応募総数5888名、最終合格者16名)に合格。2014年『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では15位で、「心のプラカード」で初めてAKB48のシングル選抜入り。2016年卒業と同時にフリーアナウンサーとして活動。
  45. 梅田彩佳:最高16位
    福岡県北九州市出身。愛称は、うめちゃん。2006年『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。2009年東京タワーイメージガール。2012年『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』16位、選抜メンバー入り。ドラマ、バラエティ、ラジオ、舞台、ミュージカルなど幅広く活躍。
  46. 川栄李奈:最高16位
    神奈川県出身。愛称は、りっちゃん。2010年AKB48第11期研究生オーディションに合格。2013年『めちゃ×2イケてるッ!』「国立め茶の水女子大学付属第48高等学校期末テスト」で最下位。2014年ユーキャンの企画で薬膳コーディネーターの資格取得に挑戦することを発表し、同社のCMに出演。2014年『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』16位となり、初の選抜メンバー入り。2015年卒業。

出典:ほとんどWikipedia


【コメント】 ※「メールアドレス不要」