第16回 【WordPress】 プラグイン Edit Author Slug

WordPress GCP

1. 第16回 【WordPress】 プラグイン Edit Author Slug

環境:Debian 9 php 7.0 Apache 2.4.25 MySQL 5.7 Cocoon

目的:投稿者の名前を変更、パーマリンクに表示される文字列も変更

「author」=「投稿者」です。初期設定では「ユーザー名」になっています。

WordPress管理画面にアクセスできる条件は、

  1. ログインURL
  2. ユーザー名
  3. パスワード

下記のように入力すると、その条件の1つ「ユーザー名」が分かるようになってしまっています。

問題点

http://独自ドメイン/?author=1

http://独自ドメイン/author/ユーザー名

ユーザーが複数いる場合、

「author=1」「author=2」「author=3」など打ち込んでみるとモロに分かります。

URLに表示される「ユーザー名」の部分を変更します

手順の流れ
  • WordPress
    Edit Author Slug

    インストール

  • WordPress
    プロフィール設定変更

1.1 プロフィール設定の確認

  • ニックネーム:「例、デフォルトの投稿者名じゃダメだろ」
  • ブログ上の表示名「例、デフォルトの投稿者名じゃダメだろ」

1.2 投稿ページの確認

下記画面では、右下に渡航者名が表示されています。クリックすると次の画面になります。

1.3 投稿者の「投稿ページ」一覧

投稿ページ一覧が確認できます。

この時、

問題点が解消

http://独自ドメイン/?author=1

http://独自ドメイン/author/デフォルトの投稿者名じゃダメだろ

というように、「ユーザー名」ではなくなります。

1.4 Edit Author Slug インストール

  • 「WordPress管理画面」「プラグイン」「新規追加」で「Edit Author Slug」を検索します。
  • 「今すぐインストール」をクリックして、次へ進みます。

1.5 有効化

  • 「有効化」をクリックして、次へ進みます。

1.6 ニックネームを変更

  • 最初に「ニックネーム」を変更します。
  • 次に「ブログ上の表示名」をクリックすると、ニックネームを選択できるようになります。

ここまでは、通常のプロフィール設定編集で変更ができる部分です。

1.7 「投稿者スラッグ」を変更

投稿者スラッグを「カスタム設定」に変更して「プロフィールを更新」します。「投稿者スラッグ」が変更されます。

1.8 投稿者ベースの変更

私の場合、「設定」「Edit Author Slug」の順番でクリックし、投稿者ベースも変更することが可能です。

当初の問題点である、「ユーザー名」が分かるようになることを改めて見てみます。

問題点

http://独自ドメイン/?author=1

http://独自ドメイン/author/ユーザー名

こんな問題点でしたが、5項目を変更しました。

  • 「ユーザー名」(第3回)
  • 「ニックネーム」
  • 「ブログ上の表示名」
  • 「投稿者スラッグはカスタム設定」
  • 「投稿者ベース」も「author」から自由に変更

すべて初期設定から変更できるので、セキュリティ対策としても、外部からの攻撃に対して強くなります。

1.9 私の特殊な事情

次の「第17回」のパーマリンク設定と一緒に詳しく書こうとしていますが、多言語化をするにあたって、非常に便利です。

「Tokyo2020 unofficial 非公式」で利用し始めています。どのようになるか。

赤字で記した箇所が、投稿者スラッグです。

  • 「ja」=日本語=「Japanese」さんというニックネーム
  • 「en」=英語=「English」さんというニックネーム

1.10 英語対応では④の部分も追加

最後の「投稿名」スラッグが同一の場合、「投稿ページ一覧」で上位に表示されている「投稿ページに転送されてしまいます。

1.11 さいごに

セキュリティ対策としては、下記の第3回と合わせて行なうとより効果が期待できると思います。

第3回 WordPressのユーザーを変更する セキュリティ対策

WordPress作成直後の「ユーザー名」「admin」では心もとないと思います。


次は、第17回です。


【コメント】 ※「メールアドレス不要」