プロ野球 幻のオールスター 2020年 ファン投票 千葉ロッテマリーンズ

投票

1. 投票する

投票所

「✔」「送信」(選択肢はランダム)
 ※一度に「全選択」まで可能です。
 ※真下の枠内をスクロールしてください。

投票用紙

2. リアルタイムランキング

3. 守備・背番号順 一覧

※Google Workspace Business(G Suite)利用、表示に少々お時間を…。数字が変わらない時は、再読み込みやシークレットタブ、キャッシュ削除などで変わります。


「サイト内を検索」用 千葉ロッテマリーンズ 氏名一覧 ※敬称略

  • 石川歩:
    投手、富山県魚津市出身、最速154km、ストレート、縦に大きく割れるスローカーブ、左打者の外に逃げていくシンカーなどを軸に投球を組み立てる。
  • 美馬学:
    投手、茨城県北相馬郡藤代町出身、最速153km、ストレートとスライダー、カーブ、シュート、フォークを武器とする先発投手。
  • 種市篤暉:
    投手、青森県三沢市出身、最速153km、変化球は縦と横に曲がる2種類のスライダー、落差が大きく、お化け的な予測のつかないフォークボールが武器。
  • 二木康太:
    投手、鹿児島県霧島市出身、最速150km、190センチの長身、角度のあるストレートと、フォークボールを持つ。与四球も少なく、安定した投球が魅力。
  • 東條大樹:
    投手、神奈川県藤沢市出身、2019年開幕一軍。自身最多の58試合に登板、1度も抹消されることなくシーズンを終えた。
  • 石崎剛:
    投手、茨城県古河市出身、最速155km、サイドスロー気味のスリークォーター、投球の大半を速球が占めるのが特徴。
  • 有吉優樹:
    投手、千葉県大網白里市出身、最速149km、シュート、スライダー、カーブ、チェンジアップなどを投げ分ける。
  • 小野郁:
    投手、福岡県久留米市出身、最速153km、変化球は縦のスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、カットボールなどを投げる。
  • ハーマン:
    投手、アメリカ合衆国・ニュージャージー州出身、最速154km、速球の切れの良さを示すボール回転数は則本昂大(平均2300rpm台後半と同程度。
  • 小島和哉:
    投手、埼玉県鴻巣市出身、2018年ドラフト3位、「コジマじゃないよ。オジマだよっ!!」Tシャツが発売されている。
  • 岩下大輝:
    投手、石川県鳳珠郡能登町出身、最速153km、カーブ、縦・横2種類のスライダー、フォークなどを投げる。「岩下の新生姜1年分」。
  • 田中靖洋:
    投手、石川県小松市出身、オーバースローだったが、サイドスローへ変更。右打者へのシュートが武器。2019年44登板。
  • 中村稔弥:
    投手、長崎県佐世保市出身、最速146km、リリースポイントが見えづらい投球フォームからのストレートが武器の本格派左腕。
  • チェン・グァンユウ:
    投手、台湾台北県出身、最速150km、2019年44試合に登板、2019年WBSCプレミア12に出場し5試合を投げ無失点。
  • 益田直也:
    投手、和歌山県紀の川市出身、最速152km、ストレートとツーシームに加えて、スライダー、シンカー、カットボールと変化球も多彩。
  • 澤村拓一:
    投手、栃木県栃木市出身、最速157km、スプリットは最速147kmでスライダー回転する。
  • J.フローレス:
    投手、ベネズエラ出身、初登板・初先発登板:2020年7月12日。
  • 田村龍弘:
    捕手、大阪府大阪狭山市出身、2018年49年ぶりとなる全試合出場。シーズン全試合でマスクをかぶったのは平成では古田敦也、城島健司に次いで3人目。
  • 佐藤都志也:
    捕手、福島県いわき市出身、2019年ドラフト2位、2020年6月25日代打でプロ初出場。27日代打で出場。右中間にプロ初ヒットとなるサヨナラ安打。
  • 柿沼友哉:
    捕手、茨城県つくば市出身、本塁から二塁への送球タイムは1秒78、遠投115mを記録、2016年WBSC U-23ワールドカップ 日本代表。
  • 鳥谷敬:
    内野手、東京都東村山市出身、NPB一軍公式戦1939試合連続出場、史上50人目の公式戦2000本安打、史上15人目の1000四球、遊撃手としては、NPB公式戦シーズン最多打点記録(104打点)、歴代最長のフルイニング出場記録(667試合)。
  • 藤岡裕大:
    内野手、岡山県岡山市中区出身、2018年2番ショートとして開幕スタメンに抜擢される。ルーキの開幕戦猛打賞は2009年以来11人目、123安打を記録。
  • 安田尚憲:
    内野手、大阪府吹田市出身、ライナー性の打球が多い、スイングスピードが速く、ボールを体の近くまで呼び込んで打つことができるのが長所。
  • 中村奨吾:
    内野手、兵庫県三木市出身、遠投115メートル、50メートル走6秒0を誇る、2020年プロ6年目で自身初の満塁本塁打。
  • 井上晴哉:
    内野手、広島県広島市東区出身、体格を活かしたパワフルな長打力と広角に打ち分ける、本塁打後、ロッテのお菓子乳酸菌ショコラを受け取るパフォーマンス。
  • レアード:
    内野手、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身、本塁打王:1回、ベストナイン:1回、月間MVP:2回、日本シリーズMVP:1回、「スシポーズ」多数。
  • 茶谷健太:
    内野手、神奈川県茅ヶ崎市出身、2020年移籍後初出場。投手時代最速145kmのストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークボールを投げた。
  • 荻野貴司:
    外野手、奈良県高市郡明日香村出身、荻野はバットを極端に短く持つパンチ力もあり、またどのコースにも柔軟に対応する打撃を見せる。
  • 清田育宏:
    外野手、千葉県鎌ケ谷市出身、ベストナイン:1回、ゴールデングラブ賞:1回、日本シリーズ優秀選手賞:1回、2019年井口資仁以来10年ぶりとなる4試合連続本塁打を記録。
  • 角中勝也:
    外野手、石川県七尾市出身、2019年独立リーグ出身者としては初の1000安打を達成。走塁面では一塁到達3.97秒を記録する俊足を備える。
  • 岡大海:
    外野手、岡山県倉敷市出身、2019年は95試合に出場、自己最多の6本塁打を記録、大学時代投手として最速152kmを誇った強肩。
  • 菅野剛士:
    外野手、東京都府中市出身、2018年開幕戦6番レフトとして開幕スタメンに抜擢、小柄ながらも広角に長打を放つ中距離ヒッター。
  • 和田康士朗:
    外野手、埼玉県東松山市出身、2020年一軍初出場。強肩の甲斐拓也より二盗を記録、50m5秒8の俊足、遠投107mの強肩とフルスイングが持ち味。
  • マーティン:
    外野手、キューバ出身、一塁到達まで3.57秒を記録する俊足と強肩、遠投110m俊足強肩の外野手、レンジャーズ時代は160kmの送球で補殺を記録、MLB公式「外野手の最速本塁送球トップ10」で5位。

出典:ほとんどWikipedia


【コメント】 ※「メールアドレス不要」